鍵の防犯性を高める工夫

賃貸マンションや賃貸アパートでは、当然ながら鍵は備え付けのものを利用することになりますが、防犯性の高い鍵に交換する人が増えています。特に木造アパートでは、プロなら数秒で簡単に開けられる単純な作りの鍵もあるため、大家さんや管理会社に交渉して変えてもらったり、中には許可を得て自費で交換する人もいるようです。
築年数の古いマンションでよく使用されているサムターン錠も、防犯性が高い鍵とは言えません。すぐに鍵を付け替えることができない場合は、ササムターン回しを防止するカバーを取り付けることで、防犯性が少し高まります。
防犯性に優れている鍵は、言うまでもなく、構造が複雑なものです。最近は種類も多く、鍵自体にロック機能がついているものもあります。
また、一つのドアに鍵を複数設置することで、防犯性は高まります。複数設置する場合は、一つは腕を上げないと開けられないくらいのやや高めの位置に付けることがポイントです。空き巣は侵入に時間がかかるのを嫌い、また、腕を上げた状態でドアの前で作業していると人目につきやすいからです。
最近は鍵の進歩も目覚ましく、それに伴い侵入の手口も巧妙となり、古い鍵は防犯性が低くなっていきます。鍵の寿命は約10年と言われているので、それを目安に交換を考えてもいいでしょう。